2世帯住宅へのリノベーション
リノベーション2世帯住宅へのリノベーション

2世帯住宅へのリノベーション

順調に進んでいるリノベーション工事より、本日は外壁工事をご紹介します。

既存の壁に合わせて、下部が杉の鎧壁、上部を漆喰で仕上げていきます。

まずは、角材から必要な材料へとひとつずつ加工していきます。

板材を押さえ込むための、材料(ささら子)をひとつづつ丁寧に斜めに切り込み加工、角の面も丁寧に取り、準備完了です。

この、材料を加工する工程も、職人さんの腕の見せ所ではないでしょうか。

完成した材料を綺麗に整頓されいるのを見ると、作業への丁寧さや、愛情を感じます。

板材を横方向に重ね合わせながら張り込み、ささら子で抑え込んだら完成。

言葉で表せばひと言の様ですが、ささら子の角度に合わせて板材の張り付けも正確さをもとめられる、大変手の込んだ作業が必要なこの工法は、「ささら子下見板張り」と呼ばれるものです。

重ね合わせから生まれる力強い陰影に、木目が美しく、うっとり見惚れてしまいます。

この後は、木部に塗装し、上部に漆喰を塗って、外壁が仕上がっていきます。

次回は、内部のご紹介の続きを致しますので、どうぞお楽しみに。